スイッシャーは水の流れのあるポイントで使うと効果的

スイッシャー

ボディの前か後ろにプロップと呼ばれるプロペラパーツが付いているルアーをスウィッシャーと呼びます。
ヘドンのマグナムトーピードやウーンデッドスプークが有名で、キャストしてペラが回転するスピードで引いてくると、バスが猛然とアタックしてくる仕組みです。
ペラの回転で発生する水飛沫や音、キラキラ光るフラッシングがアタックの原因とされていますが、どのような効果が搭載されているのか細かく解説してみましょう。

スウィッシャーの使い方

流れのあるところ、例えば河川の上流にキャストして下流に向かって流しながら、時折強くロッドを煽ってジャッジャッと水飛沫を上げる方法がよく効きます。
また、カバーやオーバーハングの下に投げ込んでのジャッジャッもよく釣れます。
トゥイッチというよりはジャークに近いでしょうか。
強く動かして止めての繰り返し、メリハリのあるストップ&ゴーが使い方の基本といえそうです。

関連動画はこちら

スウィッシャーをよく使用する季節

水に動きのある河川以外なら、雨の多い梅雨時でしょうか。
増水してアウトレットに向かう流れの中でジャークを繰り返したいものですから、季節としては春から夏にかけてが効果的かもしれませんね。
真冬のディープエリア、橋げたやトロ場でもビッグバスは出ますが、確率は他の季節に比べるとどうしても低くなってしまいます。
ロングポーズできるかどうかにかかっていますが、寒いとなかなかできないようです。
夏の岬周りも反応がいいのでおススメ、秋は河川で使うのが無難でしょう。

スウィッシャーをよく使用するポイント・ストラクチャー

ポイントとしては水に動きがあればどこでも、ストラクチャーは深場に隣接する岬や橋げた・エン堤がおススメです。
全ては水の流れが重要なんです。
ジャークを入れた瞬間の煌きと音の効果は、他のどのルアーよりも魅力的です。
スウィッシャーをこのペラ回転以外で動かしたくないのです。
首フリやトゥイッチでは大してペラが回りません。
しかもその場に急制動して止める要素がアクションそのものにないんです。
ジャークなら静と動が同居していて、移動は水の流れに任せることができます。
そういう意味でも、流れのあるポイント・ストラクチャーのそばで操ることは外せません。

スウィッシャーで使うテクニック

まずはジャーキング、そしてストップ&ゴーアクション。
実はただ巻きもダブルスウィッシャーやフロントシングルスウィッシャーでは有効です。
カリカリカリと音が鳴るようペラの中心穴を三角や四角にカットしてあるものも存在します。
バスの神経を逆撫ですることで怒りを買い、バイトに結び付けていくという手法は、とてもよく考えられていると感心させられます。
アメリカで生まれ日本で着実に進化を遂げているスウィッシャー、これからも期待大ですね。

このルアーの使いやすさ評価

初心者での扱いやすさ ★★★★☆
よく使う季節 春、夏
使うテクニック ジャーキングストップ&ゴー
こんな場所でよく使う トロ場、橋げた

このルアーはこちらで購入可能

デュエル(DUEL) ルアー シルバープロップ 60 60mm HHS
デュエル(DUEL) (2012-05-03)
売り上げランキング: 164,107
HEDDON(ヘドン) ルアー ベビートーピードX0361C
HEDDON(ヘドン)
売り上げランキング: 59,510