熊本県 江津湖のフィールド・ポイント情報

江津湖

江津湖のフィールド・ポイント情報

アベレージサイズは35~40cmと、比較的大きめ。
バスの動きを把握できれば、50cmクラスを釣ることもできます。
江津湖では温排水が流れ込むため水温が冬場での高いのが特徴。
そのため、冬場でもバスの活性が高く、プラグを追いかけてくるほどです。
加瀬川方向ではバスと一緒にシーバスも釣れることがあり、面白いフィールドです。
さらに、夏場になるとウィードがたくさん生えるところもあり、
ここではライギョを釣ることができます。
以前は、バスよりもライギョのフィールドとして有名だったほどです。
少し太めのラインと硬めのロッドを使って釣りをするのをオススメします。

ウィードやリリーパッドではフロッグを使い
他の場所ではスピナーベイトやラバージグを使用すれば、通年、安定した釣果も見込めるでしょう。
水深は2m~3m。深い場所でも4mほどで、水質はクリア。
上江津湖には湧き水があり、冬場でも釣果を期待できます。

  • 湖・ダム
  • ボート
    持ち込みOK
  • エレキOK
  • スロープあり
  • レンタル
    ボートあり
  • 駐車場あり
  • 食事処あり
  • 近くにコンビニ・
    スーパーあり
  • 近くにGSあり
  • 近くに
    宿泊施設あり

江津湖の場所

関連動画はこちら

このフィールドは下記の本で紹介されていました!

フィールドごとのポイントが本当に細かく掲載されているので、初心者~中級者まで一冊は持っておきたい本です。

ブラックバスが生息していると思われる熊本県 江津湖のフィールド・ポイント情報を掲載しています。掲載場所に問題がある場合はご報告をお願いいたします。場所によってはバス釣りが禁止されている所や遊漁券が必要な場所、注意・罰金・通報される場所などもあります。駐車場がなく路上駐車やゴミのポイ捨てなどで、近隣の方々に迷惑をかけることのないよう、十分に下調べをした上、マナーを守ってバス釣りを楽しんでください。