京都府 桂川のフィールド・ポイント情報

桂川のフィールド・ポイント情報

古くからバスが棲息している都会の中の貴重なバスフィールド「桂川」。
ゴールデンウィークには多くのアングラーが訪れます。
そのため、GW〜5月末まではあまり釣れない時期となります。これは、多くのアングラーが詰めかけるのでプレッシャーが高くなるためで、人のいない早朝や夕方を除いてはあまり期待できません。
連休後もそのストレスは続くので、人がいなくても釣れない時期となります。
3月頃から釣れだしますが、一年でよく釣れるベストシーズンはゴールデンウィーク前と5月末〜6月末。

ポイントは上野橋と西大橋付近。大小のワンドが入り組んで、岸辺にはアシも茂っているポイントです。 堰堤もあるので、ここも好ポイントとなります。
流れの中のストラクチャーも多彩で、バスはその周りについているようです。
ストラクチャーを見つけたらこまめに反応をチェックしていきましょう。
ダウンショットなどでチェックしていけば釣れますが、サイズがあまり伸びません。
大きなバスを釣りたい場合は、ミノーやクランクなどのハードプラグを巻いたほうが絶対的にサイズアップにつながります。

注意事項としては
ヘラブナ釣りの人も多い場所なので、トラブルのないように。
また、土手や橋の上などは人の往来が多い方なので、キャスト時には十分に注意してください。

  • 川・水路
  • 食事処あり
  • 近くにコンビニ・
    スーパーあり
  • 近くにGSあり
  • 近くに
    宿泊施設あり

桂川の場所

関連動画はこちら

このフィールドは下記の本で紹介されていました!

フィールドごとのポイントが本当に細かく掲載されているので、初心者~中級者まで一冊は持っておきたい本です。

ブラックバスが生息していると思われる京都府 桂川のフィールド・ポイント情報を掲載しています。掲載場所に問題がある場合はご報告をお願いいたします。場所によってはバス釣りが禁止されている所や遊漁券が必要な場所、注意・罰金・通報される場所などもあります。駐車場がなく路上駐車やゴミのポイ捨てなどで、近隣の方々に迷惑をかけることのないよう、十分に下調べをした上、マナーを守ってバス釣りを楽しんでください。