大阪府 淀川のフィールド・ポイント情報

淀川

淀川フィールド・ポイント情報

毎年50cmアップが釣られている、都会のなかの有名なバス釣りフィールド「淀川」。
大阪市の中心部を流れ、下流まで自然が残されており、手つかずのポイントもまだまだある。
そして、毎年50cmを超えるランカーバスも何本か釣り上げられている。
ポイントはいくつかのワンドにあるテトラ、アシ、石畳となるが、春先のスポーニングシーズンに集中している。
過去に菅原ワンドのシャローで53cmが釣れた記録もある。
スポーニング時期はビックバスが産卵のためにハードボトムを探し出し産卵する。
産卵するバスと卵を守るバスを狙うのがこのシーズンなので、
石畳やテトラがあったらラバージグやスピーナーベイト、ペンシルベイトなどで探ってみると良いだろう。
また、本流は少し狙っていくのが難しいが、7〜9月は水温の低い本流にバスが移動するので、
橋脚やストラクチャーがあったらキャストしてみましょう。
どこにキャストしたら良いかわからなくなったら、

  • 朝とタ方にはフィーディングバス(捕食するバス)を狙う
  • 日中は深場などのストラクチャーに身を潜めているバスをゆっくり攻める

など、時間帯で釣り方を変えてみるのも良いだろう。

  • 川・水路
  • ボート
    持ち込みOK
  • 駐車場あり
  • 食事処あり
  • 近くにコンビニ・
    スーパーあり
  • 近くにGSあり
  • 近くに
    宿泊施設あり

淀川の場所

関連動画はこちら

このフィールドは下記の本で紹介されていました!

フィールドごとのポイントが本当に細かく掲載されているので、初心者~中級者まで一冊は持っておきたい本です。

ブラックバスが生息していると思われる大阪府 淀川のフィールド・ポイント情報を掲載しています。掲載場所に問題がある場合はご報告をお願いいたします。場所によってはバス釣りが禁止されている所や遊漁券が必要な場所、注意・罰金・通報される場所などもあります。駐車場がなく路上駐車やゴミのポイ捨てなどで、近隣の方々に迷惑をかけることのないよう、十分に下調べをした上、マナーを守ってバス釣りを楽しんでください。